• ホーム
  • 人・米・酒プロジェクト

人・米・酒プロジェクト

【第15回 人・米・酒プロジェクト 第2弾 稲刈り】

日 時 平成29年10月15日(日) 受付開始 9:00~

会 場 天山酒造付近圃場(集合は天山酒造にお願いします)

問い合わせ 天山酒造株式会社

TEL:0952-73-3141

mail:info@tenzan.co.jp


※雨天の場合は中止致します。
 また稲刈日当日(15日)までの天候の状況によっては、お米の品質維持の

 ために中止にさせていただく場合がございます。(前日の降雨など...)
 その場合は皆様に御連絡させていただきます。       

 

 

第15回 「人・米・酒プロジェクト」参加者を随時募集しています!

第二弾の「稲刈り」体験は平成29年10月15日(日)予定です。

あなただけの「世界にひとつだけの酒」をつくりませんか?

皆様のご参加、お待ちしております。

 

 

 

世界にひとつしかない日本酒づくり

この人・米・酒(じんまいしゅ)プロジェクトは平成15年の6月よりスタートし、今年で15回目を迎えました。

そもそもこのプロジェクトはお米の生産者の方、お酒造りの我々、お酒の流通や飲食に携わる皆さんが協力して、多くの皆様にモノづくりの現場を体験していただくことでモノづくりの感動を味わっていただこうという趣旨でスタートいたしました。

この人・米・酒プロジェクトは酒米の田植え(6月)、稲刈り(10月)、酒の仕込み(2月)、瓶詰め・ラベル貼り(3月)と年4回、ものづくりの現場を一般の方に体験していただき、一握りの苗から一滴の日本酒になるまでの過程を知っていただこうというものです。

今、食の安全性に対する消費者の関心が高くなり、お米などの原料や加工食品の製造過程についても関心が高まっています。

そういった観点からもこの人・米・酒プロジェクトに参加し、原料のお米がどのようにしてできるのか?日本酒はどのようにしてできるのかを連続して体感すること で、その安全性を確認し、農業や日本酒といった日本の伝統的な産業・文化についても親しみを持っていただけたらと思います。
また、過去の参加者の方の中には親子でのご参加も多く見受けられ、お子様の教育にもきっとお役立ていただけるのではないかと思っております。


この機会に、天山酒造近郊の田んぼで山田錦(酒米の品種)を栽培し、収穫したお米は小城市の天山酒造の酒蔵にて仕込み、新酒が誕生したら瓶詰めし、自ら作成したオリジナルのラベルを貼って、あなたの「世界にひとつだけの酒」を作ってみませんか。

 

 

参加料
おとな 一人 4,000円(税込み)
子ども(未成年) 無料
最後の瓶詰め時に新酒720ml 2本お渡しします。


お問い合わせ・申し込み
天山酒造(株) 担当:南里まで
TEL:0952-73-3141 info@tenzan.co.jp

6月田植え体験
田植え体験(6月)
 
10月稲刈り体験
稲刈り体験(10月)
 
2月酒の仕込み体験
酒の仕込み体験(2月)
 
3月瓶詰め・ラベル貼り
瓶詰め・ラベル貼り体験(3月)
 

 

 

    Copyright(C) TENZAN SAKE BREWER COMPANY All rights reserved.