酒母

酒母とは

 

酒母とは酒の母と書きますが、微生物の酵母(こうぼ)が醪(もろみ)中で健全な醗酵をするための大切な工程です。酒母の重要な役割は醪での他の雑菌の繁殖を抑え、優良な清酒酵母(アルコールを作り出す微生物)を純粋に多量に培養し育成することです。現在弊社では速醸酒母と高温糖化酒母、山廃(山卸廃止)酒母の三種類の酒母製造方法を用いており、使用する酵母の種類も酒質の設計に応じて選択しています。 酒母

担当者の想い

担当者 塚本博之
担当者:後藤 優樹

酒母は麹・水・蒸米に種となる優良酵母(優良な清酒酵母のこと)を加え、酵母を大量に培養することで酒母が完成します。

酒の母と書き「もと」とも言われ文字通り「酒のもと」を造る大切な工程で、その後に続く醪造りの基本です。これを上手く造る事により酒造りの骨組みの良し悪しがでます。

私はこの優良酵母達を大切に育て上げ、お客様に「おいしい!」と言って頂けるような「お酒のもと」を造っていきます。

    Copyright(C) TENZAN SAKE BREWER COMPANY All rights reserved.